デロンギオイルヒーター購入!柔らかい暖かさに感激♪

リビングは床暖房があるので快適に過ごしていましたが、寝室にはエアコンしかなかったため、冬場は乾燥に悩まされていました。

加湿器を付けるも、それをエアコンによる乾燥が上回るのか、朝起きると喉が痛い…

そんな我が家にデロンギオイルヒーターが到着!

デロンギオイルヒーター到着

使ってみて一週間、

こんなに暖かいなら、早く買えば良かったなー

朝起きて喉が痛くない♪

デロンギオイルヒーターの評判・口コミとして、一ユーザーではありますが、まとめてみましたので購入をご検討している方はご参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. オイルヒーターのメリット

①部屋が乾燥しない

何と言っても、温風のエアコンと異なり、部屋が乾燥しません。

口を開けっ放しで寝てしまう私の喉が、オイルヒーターだと痛くありません。

②安全

2歳児がいるので、火傷しないか心配でしたが、少し触れただけでは火傷しない熱さだったので、安心。
(もちろん触り続けるとやけどしそうなので、子どもには近づかないように教えています。

③陽だまりの暖かさ

暖かさがエアコンに比べて足元からほんわかした感じで、温風の嫌な感じがしない。

2. オイルヒーターのデメリット

①暖まるのが遅い

暖まるのに30分ほどかかるので、帰宅後にすぐ暖をとるのには向かない。

②電気代が高い

既に使っている人から聞くと、電気代が高いから気をつけてとのアドバイスをもらいました。

寝室の夜のみ使用でどれくらい電気代が上がるか検証して、あまりにも高いようであれば、オフタイマーを使うなど使い方を工夫したいと思います。

3. オイルヒーターが適している部屋

オイルヒーターは温風ではなく、放熱板からの放熱で、天井・床・壁を全方向に暖めるので、広いリビングよりも、比較的狭い寝室などに向いているようです。

①気密性が高いマンション

冷気の流入や換気により、暖房効果が損なわれないそうです。

②比較的狭い部屋

我が家はマンションの八畳の寝室に置きましたが、エアコンより体感温度が暖かいし、乾燥がなくて快適です。

デロンギからはいくつかのオイルヒーターが発売されていますが、値段がかなり違います。

デロンギホームページの情報を下記に貼り付けてみましたが、8畳~10畳に最適なオイルヒーターが4種類発売されており、定価が2万8千円くらい~5万千円と幅があります。

デロンギオイルヒーター

どれを買おうかかなり悩みましたが、初めてのオイルヒーターなので、値段がリーズナブルな最低機能のものを購入!

我が家が購入したのは、HJ0812という定価28,500円ものです。

上位機種の細かな違いはあるのでしょうが、8畳の寝室には全く問題なく使えています。

ただ、上位機種にはECO運転モードがあり、約20%節電できる模様。

夜間使用だけでなく、一日中使用するような方は価格は高いですが上位機種を検討する価値はあるかと思いました。

子育てに関するいろいろな情報を投稿していますので、よかったら他のページもご覧になって下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ