コロナより感染した時の周囲への影響が怖い…

コロナ3回目の緊急事態宣言が出されました。

いつになったら、コロナのない、マスクがいらない生活に戻れるのでしょう…

もともと心配性の性格の皆さん、コロナで気が滅入っていませんか?

私はコロナに関する不安感や諸々で、いろいろ体調に変調を来しています…

更年期なのか、持病なのか、コロナによる不安感なのか、もはや原因はよく分かりませんが…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. コロナより感染影響に怯える日々

もともと、「他人に絶対に迷惑をかけるな」と育てられたせいか、誰かに自分のせいで迷惑をかけたらどうしようと、思い悩む性格です。

個人賠償責任保険に、国内賠償額が無制限のものを探して加入したり、何かあっても、人様にできるだけ迷惑をかけることがないように、、と気をつけています。

息子二人を育てているので、完全に迷惑をかけないのは難しいのですが…

そのような厄介な性格は自覚もあるので、啓発本を読んだり、何とか克服しようとしていますが、未だ克服できず…

長男も私の性格と似ていて、友達に言われた些細なことをクヨクヨ悩む性格なので、啓発本の漫画版を買って読ませたりしています。

そんな中、コロナで三度目の緊急事態宣言が発令されました。

自分がコロナにかかるより、かかったことによって、子ども達の学校がそのせいで休校にならないか、主人の会社でどうなってしまうのか、子ども達はいじめられないか、近所の人にどう思われるか、など、感染した時のことを考え、どんどん不安が増してしまいます。

2. 社会との繋がりを絶った生活がしたい

そしていきつくのが、「一人暮らしがいいな〜」、「社会との繋がりを絶った生活がしたいな〜」と、実現不可能なことを考えてしまうのです。

一人暮らしでコロナで出歩けないと、孤独感があるでしょうし、コロナにかかって急速に症状が悪化しても病院に連れて行って貰えない恐怖など、別の悩みがあるとは思います。

が、もともと、一人で過ごすのが大好きで、生きることにあまり執着がないので(天寿は責任をもって全うしますが…)、やっぱりこのようにコロナでいろいろな感染と、その周囲に与える影響を考えると、一人暮らしの在宅ワークで濃厚接触者の出ない生活がいいなぁ、と、考えてしまいます。

子どもを産んだ以上、責任があるので、そのような逃げは許されないですよね…

3. 早く通常のインフルエンザのようになって欲しい

重症になりやすい新たな変異株が出現しており、コロナは後遺症もあるので、なかなかインフルエンザと同じ扱いになるのは難しいと思いますが、早くワクチンが普及して、通常のインフルエンザのように、感染しても大騒ぎにならないようになって欲しいですね。

東京は緊急事態宣言が出ているものの、通院のために電車に乗ったら、結構混んでいました。

昨年の時は、「今頑張って我慢すれば…」というのがあったので、自粛も比較的できていましたが、もう皆さん限界になりつつ、ありますね…

外で友達と遊ぶ機会がほとんどなくなった、子ども達の成長への影響も怖いです。

手すりとか触った手で、目を擦ろうとすると、怖くて手を消毒させていますが、神経質な子どもになりそう…

コロナ、終わりが全然見えなくなってしまっていますが、早く収束して欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ