寝つきが悪い子供があっという間に寝つくようになった方法

我が家の6歳長男はとにかく寝つきが悪い赤ちゃんでした…

「寂しい」と言ってママと手をつなぎながら眠りに入るのですが、手をくすぐったいぐらいにさわさわして、右に左に寝返りをうって寝付けない。

赤ちゃんの時は寝つきがよくなると言われている下記の方法を試すも撃沈。。

  • 授乳をして空腹じゃない状態にする
  • オムツが清潔になっていることを確認する
  • 部屋を適温にする
  • 子守歌を歌ったり、体をトントンする
  • お気に入りのタオルなどで体を包む

幼児になってからも、寝つきが悪いのは改善せず。。いいと思われる方法を試すも、全く改善せず…

  • 昼間たくさん遊ばせる
  • 絵本を1冊読んだら寝るとか寝る前の儀式を決める
  • 寝る前のテレビは見せない

早くて30分、遅い日は2時間寝かしつけにかかることも…

私はその間家事ができないし、一人でゆっくりテレビタイムもできず、ひたすら上を向いてお付き合いで寝てました。そのまま、私の方が早く寝てしまうこともしばしば。

この寝かしつけの苦労は経験者にしか分からないと思いますが、本当にどうにかならないかと悩んでいました。

一人寝をさせればいいのか?と思い、練習したこともありますが、寝れないようで「フェーン」と半泣きでリビングに来てしまいます。

そんな長男が最近布団に入って10分以内に寝付いていることに気付きました。

あれ? あんなに苦労しても治らなかった寝つきが、何も意識してないのにどうして改善?

理由は

保育園の昼寝がなくなった

からでした。小学校入学が近づいてきたので、小学校のリズムにあわせるために、11月くらいから昼寝がなくなりました。

昼前たくさん運動しているので、心地よい疲れのまま、眠りについているようです。

時々、「保育園に昼寝を短めに」とお願いするご両親がいるとは聞いていましたが、勇気がなくそのような依頼はできませんでした。

先生方も子ども達が昼寝の間に連絡帳書いたりいろいろしているのは知っていたので。。

でも、「昼寝をしない」という効果があまりにも大きくてビックリしたとともに、こんなに楽になるなら、保育園に相談してもよかった?と思ってしまいました。

こんなに効果があると知ってもやはり小心者だから私は先生方には言えなかったと思いますが、寝つきが悪くて悩んでいるいるお母さんも、もしかしたらこんなキッカケで寝つきが良くなるかもと思い、ご紹介しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク