七五三 男の子はいつ? 着物レンタル・写真撮影、川崎大師へお参り

長男が今年5歳なので、七五三をしてきました。

小さい時に千歳飴を持った数少ない私の幼少期の写真が残っているので、行事に無頓着な私の実家ですらやった行事なので、せめて着物を着せて初めての写真館にチャレンジすることとしました。
千歳あめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 七五三はいつ?

七五三は主に11月15日に行われる行事ですが、10月~11月の間に自由に行ってよいようです。

一般的には下記年齢で行うようなので、我が家の長男が5歳になった今年、七五三をすることになりました。

男子:5歳(地方によっては3歳も)
女子:3歳・7歳

昔は数え年でやっていたようですが、今は満年齢が主流みたいです。

兄弟がいる場合には、年齢にあまりこだわらず、一緒にしてもよいようなので、満年齢5歳と数え年3歳の二男を一緒にすることにしました。

あくまでも主役は長男で、二男は5歳でもう一度してあげたいと思います。

11月になると混雑するし、10月までだと写真館の前撮りキャンペーンがあるので、仕事の都合を考えて、10月中の週末にすることにしました。

2. いつどの写真館で撮るか?

前撮りをするか悩みましたが、土曜日はスイミングで、日曜日は色んな公園や遊園地などに遊びに行く生活なので、週末を二回も七五三に費やされるのは子供達が嫌がるだろうと予測し、写真撮影とお参りを一日ですませることにしました。

七五三の写真といえば、スタジオアリスというイメージがありますが、お参りをすぐできるように、川崎大師に近い写真館で撮影することにしました。

10月に入って予約しましたが、結構日時が既に埋まり始めており、結局10月下旬の週末に予約しました。

3. 七五三の服装は?

写真館での撮影なので、もちろん子供逹は和装にチャレンジです。主役の長男は10月キャンペーンで洋装もついてきたので、洋装にもチャレンジしました。

親も最初は着物を父母合計10,000円でレンタルできるみたいなので、利用しようと思っていました。

しかし、着物の小物すら持ってなかったので、小物を全てレンタル・購入すると追加料金がかかったため、諦めて二人ともスーツで撮影することといました。

4. お宮参りの服装は?

最初はレンタルした和装を来て、川崎大師でお参りをと考えていましたが、外出料金 8,000円かかるとのことで、止めました。

その代わりコムサイズムで、比較的きちんとした洋服を購入し、これを着てお参りすることにしました。

ズボンは日常使いもできる柔らかい生地を選びましたが、シャツはきちんと見えるものにしたところ、日常使いはちょっと厳しそうです。

5. 写真撮影料金

2歳の弟君の和装はお被布レンタルができたので、無料でした。もう少し大きいと、袴レンタルで3,000円追加でかかることになったようです。

子供が退屈しないように、クイズを出しながら、上手に楽しく撮影してくれました。おかげで素敵な笑顔がいくつか撮れました。

5歳:        20,000円(和装1枚、洋装1枚のレンタル代込)
家族写真:   5,500円(写真1枚)
兄弟写真:   5,500円(写真1枚)
白足袋購入:1,430円
—————————————–
合計        32,430円+消費税
—————————————–
上記料金で、携帯待ち受け画面用、6切額付写真プレゼントされるそうです。

1つのポーズにつき、5~6枚の写真を撮ってくれ、和装・洋装でそれぞれ背景やポーズを変えて撮影したので、撮影に1時間以上の時間がかかりました。

最後に撮影した写真を画面で家族全員で見ながら、「この顔がいいね」、「目をつぶってる」とか言いながら、候補を絞っていきました。

家族写真では子供の写真写りではなく、自分の顔で選んでしまいそうになる母でした。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ