那須どうぶつ王国|小動物と触れ合える癒しの空間

GW中に那須へ家族4人で旅行に行きました。6歳長男・3歳二男の二人が楽しめる場所を探し、初日は「那須ハイランドパーク」で楽しんだので、2日目は那須どうぶつ王国にやってきました。

那須サファリパークにするか、那須どうぶつ王国にするか悩みましたが、3歳二男が動物を触るのが大好きだったので、小動物が多い那須どうぶつ王国に決定しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 園内マップ

入国ゲートから入ってすぐの舗装されたエリアの王国タウン(下図左青枠)と、そこから1.5km離れた場所にある王国ファーム(下図右赤枠)の大きく2か所に分かれてます。

王国タウンと王国ファームは山道を歩くこともできますが、スタッフの方に聞いたところ「徒歩20分と書かれていますが、アップダウンが激しいので小さいお子さん連れだと30分以上かかるかも」と言われてしまいました。

一方、二つのエリアはワンニャンバスで無料で結ばれていますが、GW期間中ということもあり、行きのバスは30分待ち、帰りのバスは40分待ちというなかなかの苦行でした。

リフト(片道300円)+トラクターバスという選択肢もあったようですが、トラクターバスにも待ち行列があったので諦めました。

バスを待っている間は待ち疲れた子ども達が駄々をこねて困りましたが、バスが到着するといろいろな動物の姿をして「ワンワン」と鳴き声まで出しながら走るバスに三歳二男は満足げでした。

2. ふれあいドッグパーク

入国ゲートを入ってすぐに、ふれあいドッグパークエリアがあります。たくさんの犬がいるので、子ども達は自由に触っています。犬達も慣れきっていて、触られまくっても寝ていますzzzz

3. ペンギンビレッジ

ペンギンが一列に並んで可愛いですね!ペンギンビレッジでは、たくさんのペンギンが至るところにいるので、とても癒されます。

4. フィールドアスレチック

長いワンニャンバスの待ち時間に疲れ、ワンニャンバスが到着した王国ファームの入口にはフィールドアスレチックができるピクニック広場があります。

早速、二人とも挑戦しましたが、6歳長男には余裕過ぎる感じで、3歳二男にはちょうどいい感じでしたがGW期間中で混雑しており、右から来る子ども、左から来る子どもが入り乱れて、二男はちょっと不服そうでした。

5. 馬にえさやり

園内の至る所で自動販売機でエサが販売されているのですが、食べさせ過ぎ防止のため、餌が補充される時間が決まっており、その時間近くに行かないと餌が売り切れてあげられないという状態でした。

我が家の場合、運よくお馬さんの近くにいたときに餌が補充されたので、二人とも楽しそうに「ごはん、どーぞ」と言いながら、スコップ状のものに餌を載せてあげていました。

6. ニュージーランドファームショー

ファームイベント広場でニュージーランドファームショーを開催していたので、見に行きました。アニマルスタジアムの「ザ・キャッツ」に並ぼうと挑戦したのですが、40分前から待ち行列ができていたのに辟易してショーは諦めていましたが、ニュージーランドファームショーは開始の13:30ちょうどに行ったのですが、何とか座って見ることができました。

ニュージーランドからやってきた牧羊犬を犬笛でコントロールし、牧羊犬が羊を誘導していく見事な働きぶりを見れます。最後に羊の毛刈りショーを見せてくれました。

6歳長男が小さくなっていく羊を見て、「羊が可哀想、なんか寒そうだよ、しかもヤギみたいになっちゃったよ」と素朴な感想を寄せていました。

他にも、カピバラを見ながら足湯に浸かったり、レッサーパンダを見たり、うさぎに触れ合ったりいろいろ楽しめました。

GW期間中だったので、王国ファームに行くワンニャンバスが混雑しているという点を除けば、特に動物好きの3歳二男には素敵な体験となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ