キッズアップ(Kids UP)学童|英語環境で過ごす放課後

キッズアップ(Kids UP)は2016年から設立された、かなり新しい学童保育です。

田園調布雪が谷、蒲田、池上に続き、2016年9月からは東陽町でも開校するという、急激に店舗を増やしている学童です。

その特徴は、

英語で過ごす

歴史が浅いため、夏休みなどの長期休暇や小学校1年生の早い時間への対応などの運営にまだシステム化されていないようでしたが、折角学童に通わせるなら、英語を伸ばしてあげたいとお考えの方には選択肢になると思います。

我が家も放課後の長い時間を単なる預り保育ではもったいないと考え、いろいろな選択肢を見ておきたいという気持ちがあり、見学してきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①学童利用時間

基本的な利用時間は18:30までですが、20:30まで延長ができます。

しかし、池上校の場合、今のところ送りバスの最終が19:05に学童発なので、遅い場合にはkids UPにお迎えが必要になりそうです。

基本利用時間: 13:30~18:30(20:30への延長可能)

長期休暇については、まだ明確な料金体系や預り体制を聞くことができませんでした。

10月中旬にWinter schoolの内容が決まるようなので、それ以降に問合せが必要とのことでした。

②利用料金

小学校一年生を週5日基本利用時間で預けると、64,600円となります。(価格は全て税抜き)

一方、8月の長期休暇の料金体系はまだ明確に聞くことができませんでしたが、1日中預かってもらうと10万円を超えるような雰囲気でした。

入会金+入会セット:35,050円
維持管理費・おやつ代(半年分):30,000円
月会費(13:30-18:30):64,600円(週5日)
月極め延長パック(18:30-19:30):4,000円(週5日、無料送りバス付)

月極めの延長パックが準備されており、4,000円で19時半まで延長可能というのがいいですね。さらに20時半まで延長する場合には、30分毎に400円延長料金がかかります。

週2コース(33,000円)から選べるので、料金が高すぎるのが気になる場合は、自治体の学童と民間学童と組み合わせるのもよさそうです。

③学校・自宅・習い事への送迎

各店舗で定めている指定小学校(送迎対象校)へのお迎えを行ってくれるので、特に小学校一年生の時は安心です。

帰りの送りは、「月極め延長パック」を使った場合のみあるそうです。池上校では現在のところ、18:35発と19:05発の2便しかないそうで、それ以外の時間に帰宅したい場合は、子どもが自分で帰るか親が迎えに行く必要があるそうです。

④夕食・夏休みの昼食

昼食・夕食は、事前予約すれば、1食600円で提供してもらえるそうです。

長期休みについては、まだ全体的に不明点が多かったので、もし本当に通うことになりそうならら、10月下旬に問合せてみようと思います。

全体を通して

学童保育を開始してからの期間が短いので、サービスや仕組みがまだあまり確立していないように感じました。もし通うとすると、Winter schoolの案内などを入手して、長期休みの対応状況などを確認してからでないと、本当に会社に支障なく学童保育してもらえるか、ちょっと不安があります。

ネイティブの先生とバイリンガルの先生がどちらもいらっしゃる点は、英語を伸ばす環境としてはすばらしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ