沖縄 カヌチャベイホテル|幼児連れでもリゾート気分を満喫

家族4人で初の沖縄旅行。ホテルをどこに宿泊するか、いろいろ悩んだ挙句に

カヌチャベイホテル&ヴィラズ

に3泊宿泊してきました。

リゾート感覚を味わえる開放感ある広い敷地とプールで楽しく過ごせました。全くの私見になってしまいますが、宿泊して満足した点と残念だった点を纏めてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.アクセス

カヌチャベイホテル&ヴィラズは、沖縄県名護市に位置しています。那覇空港からは車で約80分と結構かかりますが、美ら海水族館には車で約50分と比較的近かったです。

沖縄地図

2. カヌチャベイの良かった点

①プールの種類が多い

プールの種類がいくつかあるので、気に入った場所で泳ぐことができるのがいいですね。

(1) ガーデンプール

朝食の洋食バイキングを食べるレストランのすぐ側にあります。ビーチからはちょっと離れていますが、その分落ち着いた雰囲気でビーチサイドでドリンクを飲むのもよし、泳ぐのもよしといった感じでした。

幼児連れには幼児プールもあるビーチサイドプールの方がおすすめです。

ガーデンプール

(2) ビーチサイドプール

南国ムード満載のビーチサイドプールは、大人用と幼児用の二つに分かれています。

ヤシの木に囲まれ、南国ムードに浸れます。大人用は水深120cmくらいで、6歳長男も背が届きませんでしたが、アームリングを無料レンタルできるので、それを付けてこのプールで一番長く泳いでいました。

ビーチサイドプール

3歳二男は主に幼児プールでワニワニ泳ぎをしたり、背浮きしたりバタ足したりして遊びました。また、岩の階段を登って行ったところが、水が噴き出ていたり、滝のようになっていたりとちょっと遊べる場所があり、そこでは長男・二男一緒にかなりはしゃいでいました。

幼児用プール

(3) インドアプール(レインフォレスト)

幸い天気が良かったので行かなかったのですが、インドアプールもあるようです。

②広い敷地でリゾート感満載

広大な敷地に、いくつもの棟が建っているホテルというのは初めてだったので新鮮でした。南国の雰囲気が漂い、リゾート感覚が楽しめます。

カートで走る敷地内景色

③カートが楽しい

子ども達はカートがかなり楽しかったようです。もちろん運転はできませんが、6歳長男は運転する夫の横に乗って、ウィンカーをやらせてもらったり、鍵を入れるのをさせてもらったり、かなり楽しんでいました。

カート

④お部屋が落ち着け、ジャグジーに子ども達が大喜び

お部屋の外にジャクジー付きというのに惹かれて、このお部屋を選びました。お部屋の写真を撮るのを忘れたので、ホテルのURLリンクから部屋の様子を見れます。

旅館のように靴を脱いで上がるので、自分のおうちのように過ごせるのが良かったです。

⑤幼児連れが多いので気兼ねしない

ちょっとお洒落なホテルだと、幼児連れでも大丈夫かな?と不安になりますが、このホテルはリゾート感はあるものの、夏休みだったこともあり、幼児連れだらけで気兼ねなく過ごせました。

⑥ウォーターキッズガーデン

ウォーターキッズガーデンで滑り台などで遊べます。6歳・3歳二人を連れて行ったのですが、3歳はちょっと怖かったようで、滑り台とか全く挑戦してくれず、ちょっとお金がもったいなかったです。

半日券で1,800円(税別)と値段が高いので、家族4人で8千円弱というのはちょっとしんどかったです。

DSC_0912

小学生以降になると、海の上にあるアスレチックの方が面白そうでした。水上アスレチックの写真は、下の写真をご覧ください。

3. カヌチャベイの残念だった点

①海はちょっと残念

砂浜がゴツゴツして海の中にも岩がたくさんあるしワカメがたくさんあり、遊泳範囲が狭かったです。「沖縄の海」を楽しみにいらしているのであれば、ちょっと残念な感じになってしまいます。

我が家の子ども達は、「海の水がしょっぱいからプールがいい」と早々に海からプールに戻るのであまり重視しませんでしたが、海を中心にするにはちょっと物足りないです。

DSC_0917

②部屋のジャグジーが水着着用

想定外だったのは、ジャグジーがテニスコートに面しているからか、「水着着用」となっており、ちょっとガッカリしました。露天風呂付温泉みたいな開放感のあるイメージを持っていたので、水着着用となると…

③建物・部屋がちょっと老朽化

やはりちょっと古いので、ホテルの廊下や外壁、部屋で少し老朽化を感じました。

あと、地面が床だったので、3歳二男がベッドから2回落ちてしまい、ゴツンという音がして泣き出してしまい、ちょっと可哀想でした。ベッドは低いからたいしたことはないのですが、やはり寝相の悪い幼児のうちは、和室の方が安心ですね。(もしくは、ベッドの片方を壁に着けられるような配置)

④どこへ行くにもカートが必要

敷地が広すぎてレストラン、プール、海に行くときにカートが必須となります。周回バスもあるのですが、炎天下でバスを待つというのも…(バスの時刻もよく分からなかったので)

我が家の場合、二男が途中で熱を出してしまい、私と二男が部屋でお留守番、夫と長男がプールへ行くという二手に分かれて行動した日がありました。カートを2台借りようかと思ったのですが下記の理由から諦め、ランチも夫の帰りを待たなければいけないという事態に…

  • 1台は無料で付いているプランだったが、2台目からはレンタル料金がかかる
  • カートの運転は運転免許が必要、私はペーパードライバーで20年以上運転していないので自信がない
  • 二男3歳は後部座席で大人と一緒に乗る必要があるため(横に柵がないので落ちそう)、そもそも私が運転で二男が後ろというのは成立しない

今回3泊4日宿泊した感想ですが、「カート」1つとっても良い点・悪い点があるなーと感じた旅行でした。

全体的にはサービスも良く大変居心地よく過ごせた3泊4日でしたが、「沖縄らしい海」でたくさん泳ぎたい方は他のホテルにした方がよいと思いました。

我が家の場合、株主優待券を持っていたこともあり、JTB窓口でツアーを申込するよりは、楽天で宿泊、飛行機は自分でANAに直接予約した方が安かったので楽天で申し込みました。

夏休みの高い時期だったので 「マグノリア【禁煙】 63.8平米/オープンジェットバス付」で大人2人、6歳、3歳の4人の3泊4日で、279,450円となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ