マイコプラズマ肺炎にかかった!長引く熱・咳に要注意


我が家の5歳長男がマイコプラズマにかかってしまいました。

歌う園児

体がもともと強くないうえに、保育園に通っているので、年中鼻水・咳が出ている状態。。

今回も単なる風邪かと最初は思っていました。

が、実はこの長男、2回目のマイコプラズマ肺炎。。。なかなか熱が下がらないと思えば。。。マイコプラズマの免疫って続かないのですね。

前回どういう経過を辿ったかを記録しておらず後悔したので、二男のためにもブログで記録をとっておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 2016年流行状況

2016年、マイコプラズマが流行していることをニュースで見たので、少し気になっていました。

下記は東京都感染症情報センターホームページのマイコプラズマ肺炎の流行状況ですが、青線が2015年で赤線が2016年を指しています。

2015年冬~2016年にかけて例年より流行しているようです。

東京都感染症情報センターマイコプラズマ

2. 病気の経過

金曜日の夜発熱したのですが、とっても元気。室内で弟と戦いごっこしたり、野球したり、普通どおり過ごしていました。

1日中熱がある訳ではなく、平熱の時間もあるため、一瞬治ったかな?と勘違いしそうになりました。

4日以上続く熱には注意」というのは、やはり本当だなと実感。

3日くらいは熱が出ても子供が元気なら下手にこの季節に病院に行ってインフルエンザをもらったらと病院に行くのを躊躇しますが、4日以上続く場合には病院に連れていかなければと改めて実感しました。

1日目(金曜日)

夜38度8分の発熱、咳はだいぶん前から続いていた

2日目(土曜日)

1日中熱あるが元気・食欲あり

3日目(日曜日)

1日中熱あるが、元気で外に遊びに行きたがるくらいだったので、病院には行かず。夜から平熱に。

4日目(月曜日)

午前中は平熱。昼寝後に38度に上がり、咳もひどくなってきた。

5日目(火曜日)

朝は平熱だが、念のため小児科へ。インフルエンザ検査で陰性、ただの風邪だろうとのこと

マクロライド系のクラリスを服用開始。昼間も平熱で、元気に自宅で病児保育のベビーシッターさんと過ごす。明日から保育園かな?と考えていたが。

6日目(水曜日)

朝から38度1分。でも朝時点は元気で、病児保育に連れて行った小児科の診察でも、元気そうだし様子見という診断。

しかし、病児保育中に39度を超え、急遽血液検査とレントゲンを撮る。WBCの数字が17900と良くない数字、マイコプラズマの陽性反応あり、レントゲンに影もありということで、マイコプラズマ肺炎と診断。

クラリスでも熱が上がったということで、クラリス耐性菌である可能性もあることから、ニューキノロン系抗生物質のトスフロキサシントシル酸塩水和物細粒の服用に切り替えた。

服用開始から48時間経たないと完全な効果は出ないとのこと。

7日目(木曜日)

朝から平熱に。病児保育でも1日中平熱。病院の先生からあと一日は保育園を休んだ方が良いとのこと。帰宅後もすごく元気で食欲もあり、戦いごっこをしながら普通通りに過ごす。

8日目(金曜日):この日も朝から平熱だが、病児保育で過ごす。週末も熱が出なければ、来週から登園してもよいとのことでホッとする。

この後、週末も熱が上がらずに過ごせたので、完治まで8日かかったこととなります。

3. 我が子のマイコプラズマ症状

いろいろ時系列に記載をしましたが、今回のマイコプラズマ肺炎の症状の特徴を纏めてみました。

全てのお子さんが同じではないと思いますが、何かの参考になるかと思いますので。

  • ずっと高熱が続いた訳ではなく、途中平熱になったりした
  • グッタリすることが少なく、元気あり
  • 乾いた咳が続く
  • ニューキノロン系抗生物質のトスフロキサシントシル酸塩水和物細粒を服用した翌日には回復した。

4. 保育園登園禁止期間

マイコプラズマ肺炎は、感染症の中でも、比較的感染力が弱いとも言われているため、インフルエンザのように明確な登園禁止期間があるわけではありません。

通っている保育園に登園禁止期間を問い合わせたところ、登園のめやすは下記の通りで、それ以前に登園する場合には医師の診断書の提出が必要だけれども、登園のめやすを満たす登園の場合は、「登園届」を保護者が記入して登園すればよいそうです。

登園の目安
発熱や激しい咳が治まっていること

5. 看病で心がけたこと

①十分に加湿する

乾くと咳が増えるようだったので、加湿器をずっとつけておきました。

②保温をする

先日購入したデロンギのオイルヒーターがいきなり大活躍!

エアコンより空気が乾燥しないし、子供も「ぽかぽかするね」と布団を着なくても寝れるぐらい、陽だまりの温かさです。さすがに足元は冷えるので、足元だけお布団をかけて寝ていました。

③煙草とほこりは厳禁

共働きで掃除が行き届いていないので、診断を受け急遽大掃除です。。

日頃からやっておかなければと反省。

④咳が苦しそうな場合上体を起こす

夜中に咳が止まらず苦しそうな場合、一旦上体を起こして背中をさすってあげました。

「ゲロしそう…」と不安だったようなので、ベッドの横にバケツを用意し、いつでも吐けるようにしておきました。

咳が止まらず「おぇー」となっていましたが、幸い吐くことはありませんでした。

長男は完治したようですのであとは、私や二男にうつらないようにという心配だけが残ります。

微妙に私も咳が出ているので熱はないのですが念のため、マイコプラズマ肺炎では?と病院に行ったところ、私のは咳喘息だと診断されました。

その原因がマイコプラズマである可能性も否定できないので、抗生物質ももらって服用しています。
 
どうしても子供が病気になると、隣に寝ている私にもうつってしまうのですが、そうなると旦那も子供の送迎でボロボロになり家族総倒れになるので・・・・
子育てに関するいろいろな情報を投稿していますので、よかったら他のページもご覧になって下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ