汐入公園(東京都荒川区)、無料の幼児おでかけスポット

最近、2歳の二男も結構遊具で遊べるようになってきたので、公園お出かけにはまっている我が家です。

近場の公園だと5歳長男が飽きてきているため、パパは週末のたびに新しい公園探しをしてくれます。

さて、今回の初挑戦は、「汐入公園」です。汐入公園は東京メトロ日比谷線などの、南千住駅下車 徒歩12分の隅田川沿いにありますが、我が家は車で行きました。

市街地再開発事業によって整備された都立公園で平成18年4月開園という比較的新しい公園です。(我が家の古いカーナビには表示されませんでした…)

広い公園の中でも遊具がたくさんある、左上赤枠で囲った「複合遊具」と「芝生広場」と「北多目的広場」で遊びました。

汐入公園マップ

遊具に近い方と遠い方の二か所駐車場がありましがが、我が家は気づかずに遊具から遠い方の駐車場に停めてしまいました。が、遊具から近い方の駐車場は満車で車が待っていたので、遠い方に停めて結果的には正解でした。

我が家の子供達がはまった順番にご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. ツインタワー

やはり一番のおすすめは汐入公園の看板、ツインタワーと呼ばれているアスレチック遊具です。

見慣れない構造物に5歳長男は見た途端に走り出し、登って行ってしまいました。

2歳二男には少し早かったようで、二階部分の赤い橋もパパ・ママと手をつながないと、「こわい…」と言って渡れないような状態で、3階部分には上がることすらできませんでした。

2歳くんは、この後、ツインタワーのそばにある簡単な滑り台で遊びましたが、こちらはすぐに飽きて公園を散策して遊びました。

遊具自体は少なめといった印象ですが、このツインタワー自体にいろいろなアスレチック要素があって、結構楽しめたようです。

汐入公園ツインタワー

2. 芝生広場

これまた、秋晴れの気持ちいい季節には最適の芝生広場です。テントやレジャーシートを敷いて、お弁当を食べるもよし、くつろぐもよしという感じです。

微妙に斜面になっているのがよく、パパが斜面した部分、5歳長男が斜面上部分で柔らかいボールでサッカーをすると、長男の蹴りが弱いのを斜面がカバーしてくれて、あまり動かずにサッカーができました。

汐入公園芝生広場

3. 北多目的広場

運動場のトラックになっている場所で、リレーをしたり、サッカーをしたりして皆楽しんでいました。

端っこにひっそりと鉄棒とうんていがあったので、鉄棒を練習し始めている5歳長男は、前回りを披露してくれました。公園によっては鉄棒が高すぎて自力で前回りができないのですが、ここの鉄棒は5歳にもちょうどよく、一番低い鉄棒で自力で前回りができました。

しばらく逆上がりの練習をしましたが、こちらはまだ道のりが通そうです。

リレーをしている子供達に交じって、5歳長男も追いかけて走っていました。ここまで綺麗なトラックでは走ったことがなかったので、本気走りを見せてくれました。

DSC_0339

次回チャレンジしたい場所

バーベキュー場

駐車場からツインタワー遊具に向かう途中にバーベキュー場がありました。

二歳二男もようやく熱くて触ってはいけないというのが分かってきたので、焼き肉は行けるようになったので、今度はバーベキューに挑戦してみたいと思います。

汐入公園バーベキュー

売店はなかったのですが、すぐ近くにスーパーがあったので買い出しもできそうです。

また、公園内に自動販売機があったので、帰りはいつも通り、「ジュース飲んでから帰ろうか?」とジュースで釣って帰りました。

ちなみに、公園内は日陰でくつろぐ場所が少なかったし水場も見当たらなかったので、夏に行くより、今回のように秋や春に行くのがおすすめだと思いました。

【関連記事】

東京近郊で幼児と出かけられる無料おすすめお出かけスポットです。試してみたら、きっと楽しめると思います。

タイヤ公園(東京都大田区)、タイヤのゴジラが
大師公園(神奈川県川崎市)、川崎大師すぐそば
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ