蒔田公園(横浜市南区)|大型アスレチック遊具とローラー滑り台が楽しい

京急 南太田駅から徒歩5分という便利なアクセスの蒔田公園。京急 南太田駅は初めて聞いた駅でしたが、横浜駅から各駅停車で7分という便利な立地です。

アスレチック大型遊具と、ボール遊びができる広場があるバランスが取れた公園です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 大型アスレチック遊具

何と言っても蒔田公園のシンボルは、この大型アスレチック遊具です。

このアスレチックの特徴は、いろいろな登る場所があるのですが、どれも簡単なものではないので、運動が苦手な3歳半の二男は6歳長男に助けてもらいながら、ギリギリ登れたという感じです。

恐らく、我が息子達の場合、2歳時点では歯がたたなかったと思います。

網から登るのもちょっと大変。

苦労してたどり着いた先には、長いローラー滑り台があります。これはなかなか滑りが良く、途中で止まりそうになることもなく、気持ちよく滑ることができました。

上の写真にある通り、高速道路がすぐ傍を走っているので、遊具の上から見ると、走っているトラックが近くに見えるのでちょっと不思議な光景です。

2. 広場

広場はボール遊びをしている人、芝生でレジャーシートを敷いてランチを食べている人、シャボン玉で遊んだり、いろんなことをしていました。

広場の外周で自転車の練習をしている子どもも何人かいました。自転車のレンタルは見あたりませんでしたが、自転車を持ち込めば練習には最適なようです。

3. 幼児用の遊び場

大型アスレチックは、簡単な階段コースがないので、2歳以下のお子さんは厳しいかもしれません。こちらの遊具は幼児が遊べるのですが、遊具がこれしかなかったのでちょっと寂しいですね…

滑り台の隣にある砂場も興味を示さないかと思いきや、真ん中のテーブルのような見慣れないものが、実は上から砂を入れると、穴から下に落ちるようになっており、また落ちてきた下の赤い板が穴が空いて回せるようになっていて、砂を下まで落としたり、赤い板に落としたりするのが、楽しかったようで、結構長い間遊んでいました。

4. 鉄棒

鉄棒が全部で4つ並んでいます。写真の2つは子ども用ですが、残りの2つは大人用でした。大人用のは6歳長男でも歯がたたないようでした…

まとめ

蒔田公園はいかがでしたか? 3歳半の二男は夢中になって遊ぶ公園という感じでした。能力ギリギリでできるアスレチックが楽しかった模様。

一方、もうすぐ小学生の長男は、どこから登ってもアスレチックも楽々なので、何回か往復したら飽きてきた様子。

「鬼ごっこしよう!」とか、ゲーム性のある遊びがしたいようでした。

  • 横浜駅から7分の南太田駅から徒歩5分 とアクセスがいい
  • 大型アスレチック遊具は登り方もいくつもあり、かなりいろいろ楽しめる
  • 長いローラー滑り台もある
  • 大型アスレチック遊具は、階段など簡単なコースがないので、3歳以降じゃないと厳しいかも(個人差あり)
  • 幼児の遊具は少ないですが、広場があるので2歳以下のお子さんのためには、レジャーシートやボール、シャボン玉などを持参するとよい
  • ベンチが比較的多いので、大人に優しい
  • 正方形のちょうどよい広さの公園なので、目が届きやすい。一人で二人の兄弟を見ていると、時に一人を見失ってヒヤヒヤするので…
  • 自転車の練習もできる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ