給湯器の電源が入らない|交換か、買い替えか?

築15年弱のマンションで、給湯器の電源が突然入らなくなってしまいました。

以前マンションの内装リフォームの目安時期を調べたところ、給湯器交換は15万円の予算で、築15年目に推奨、築20年目で必要となるケースが多いとのことだったので、築20年目まではn何とかもつかなと思っていました。

しかしながら、突然給湯器リモコンが全く反応しない…

台所のリモコンに書いてあるリンナイフリーダイヤルに電話してみたところ、下記のようなアドバイスをもらいました。

  1. 給湯器のコンセントを探して抜く
    →我が家の場合、マンションのポーチの扉の中に給湯器があったのですが、コンセントは見当たらなかった
  2. コンセントが見当たらない場合、給湯器のブレーカーを落として、2~3分してから再度ブレーカーを入れる
    →我が家の場合、給湯器用のブレーカーがあったので、それを落とした

給湯器ブレーカーを落とすことにより、我が家の場合、2~3日は使えるようになりました。

しかし、その後も電源が入らなくなり、その都度ブレーカーを落として対応していたのですが、ついに昨日、ブレーカーを落としても電源すら入らなくなりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 故障の状況

我が家の故障の状況は下記のようでした。

  • 台所・浴室の給湯器の電源が突然入らなくなった
  • 床暖房の電源は最初は入っていたが、途中から入らなくなった
  • 台風が関東上陸した朝から電源が入らなくなったので、その影響がある可能性もあり

2. リンナイフリーダイヤル

夜や土曜日でもリンナイフリーダイヤルが繋がったのでありがたかったですが、ブレーカーを落とすなどで解決しない場合には、結局修理の手配は業者から折り返しの電話となりました。

翌朝9時に業者からの折り返し電話をもらったのですが、現在は修理が立て込んでいて、最短でも10日後にしか来れないとのことでした。

帰宅してみると、給湯器が入っている玄関ボックス内から水漏れが…

玄関のPSが水漏れしていると、下の階に迷惑をかけたり、感電や一酸化炭素中毒など、いろいろ怖くなったので、再度リンナイの修理業者に直接電話したところ、運よく当日に空き時間ができたので見に来てくれることになりました。

但し、築年数から考えると、給湯器が既に製造中止になっており、メーカーは部品を10年しか保有していないため、出張修理に来ても部品がなくて修理できない可能性があること、また修理できなくても、出張費と点検代で6,800円くらいかかるとのことでした。

6,800円支払っても修理できなくて、新しく購入しなければならないリスクを考えると、新規に購入することも急遽考えることにしました。

3. マンションの管理組合に連絡

給湯器を新しく購入するとしても、分譲マンションに住んでいるので、自由に購入・設置してよいのかよく分からないので、まずはマンションの管理窓口にすぐに相談に行きました。

マンションの管理会社が提供している「生活支援サービス」の窓口の電話番号を教えてもらったので、そちらに問い合わせをしました。

通常は業者が下見に来て、現状の給湯器や設置方法などを視察した後に給湯器の見積を行うそうですが、我がマンションの場合、すでにどの給湯器が設置されているかなどの情報が保持されていたらしく、視察なしにすぐに折り返しの電話で306,000円という見積を出してくれました。

しかしながら、在庫がないのでメーカー問い合わせをする必要があり、それは月曜日にならないと分からないとのことでした。

新しく購入する場合、土日も挟んでしまったため、最短でも5日間、風呂なしの生活に耐えなければなりません。また、30万円もの出費を相見積もりなしに決断する勇気もないので、とりあえず、リンナイの修理を依頼することにしました。

4. リンナイ修理の結果

修理ができずに6,800円を無駄にすることを覚悟しつつも、お風呂なしの不便な生活が5日間も続くことを考えると、藁にもすがる思いで修理を依頼しました。

結果は、水位をコントロールする補水弁がうまく作用しなくなっており、そのために水漏れを起こし、安全装置が働きスイッチが入らなくなったようです。

弁を交換する部品代の他に出張費や修理工賃を含め、合計で14,796円かかりました。

部品を交換してもらってすぐにお湯が出るようになったので、とりあえずお風呂なしの生活にはならずに済みそうです。

使い始めて15年くらい経ちそろそろ給湯器の寿命になっているので、この交換で本当に直ったのか不安もありますが、寒くなってきた中、お風呂なしの生活は耐えられないので、しばらくはこれで凌ぎ、調子が悪いようであれば、今回のように完全に壊れる前に新しい給湯器に買い替えようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ