新築マンション 共用施設・室内設備で必要なもの、いらないもの

前回の記事で、12年くらい前に東京都大田区に4,400万円で新築マンションを購入した時の検討ポイントと、現在、その選択について正解だったのか失敗だったのかということを振り返った記事を書きました。

マンション

今回はその続きで、共用施設・室内設備について、役に立つのか、不要だと思うのかについて記載していきたいと思います。

12年前のマンションなので、今では標準装備で当たり前のものも含まれていると思いますが、その点はご容赦ください。

共用施設は、メンテナンスにかかる費用がすべて管理費などに上乗せされてくるので、たくさんあればいいというものではなく、本当に必要なものだけあるのが理想だと思います。

下記ランキングには、実際に今住んでいるマンションにない共用施設・設備もあったらいいな、いらないなという観点で含めています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

〇共用施設の必要設備ランキング

①宅配ボックス

共働きで留守にしがちで、かつ毎週一回はAmazonで買い物をする夫を抱えている我が家では、大変重宝しています。

②マンション中庭

隣の建物との距離があくので、日当たりもよくなります。

幼児が遊べるような滑り台などの遊具もあるため、1歳の時は歩く練習や、2歳・3歳の歩いて公園まで連れていくのが大変な時には、重宝しました。

小学生も結構遊んでいたりするので、親の目の届く範囲で遊べる中庭があるのはありがたいです。

③エントランスの車寄せ

雨の日に車やタクシーで帰宅した時、子供がタクシーの中で寝てしまった時など、エントランスに屋根の付いた車寄せがあると乗降が大変スムーズです。

子どもの保育園の送迎は、雨の日でも自転車にレインカバーを付けて自転車で送迎しています。その場合でも自転車に乗り込むときにびしょ濡れになってしまうため、このエントランスまで自転車を持ってきてから乗せれば雨に濡れずにゆっくり乗せられます。

④トランクルーム

子供ができると、テント・砂遊びの道具・ボールなど、部屋の外で保管したいものが出てきます。

⑤1階ロビーの共用トイレ

幼児のお出かけで難しい「ママ、トイレいきたい」問題。

我が家の5歳児は、月に何回かは漏れそうになり、この1階のトイレに助けられています。

親もせっかく出かけようとエレベーターを降りた時に、「チッチしたい」と言われると「だからいつも出かける前に済ませなさいって言ってるでしょ」とイラッときますが、1階ロビーにあることにより、無駄な時間がとられないのでお小言も減ります。

⑥来客用駐車場

事前に予約すれば、安い駐車料金で敷地内に駐車場を借りることができます。

来客にコインパーキングに駐車させるのは気がひけるので、ありがたいです。

×共用施設の不要設備ランキング

あったらいいのかもしれませんが、その分だけ管理費が高くなるのであれば、私としては下記施設は不要です。

①~③は、社交的なママだとぜひ欲しい施設かもしれませんので、私の性格に合わないというのが一番の理由です。

①温泉

出産を経て更に悪化し続けるボディを、知り合いの前で晒す勇気がないので、利用できないです。

②フィットネスクラブ

運動音痴で太めの自分が知り合いの横でランニングとかエアロビとかちょっと厳しいです。かっこよく走れるボディを手に入れたら、あまり抵抗感はなくなるのかもしれませんが…

③ラウンジ兼バー・ティールーム

性格は人見知りなので、知り合いに会うかもしれない場所ではあまりくつろげません。

マンション内でコーヒーを飲むなら、少し離れたドトールやスタバに行きたいものです。

④託児ルーム

専門業者による託児ルームは、なかなか採算がとれないことも多いようで、撤退したケースがあるので、不要だと思います。

〇室内の必要設備ランキング

①フルオートバス

ボタンを押したら適温でお風呂が沸き、湧き終わったらメロディーで知らせてくれ、おいだきなどもボタン一つでできるのがありがたいです。

特に5歳の長男は湯温に大変敏感なので、フルオートバスのない私の実家でお風呂に入ると、湯温が「熱すぎ」「ぬるすぎ」とうるさいので、自宅でのお風呂は設定温度ぴったりに毎日沸いてくれるから重宝しています。

②ディスポーザー

生ゴミを細かく粉砕して流してくれるので、家庭内で生ゴミが発生がしないのがありがたいです。

他の住人も皆使っているから、ゴミステーションが臭くないのもうれしいです。

③床暖房

冬はエアコンいらずです。エアコンだとちょっと空気がムッとして頭がボーっとする感じがありますが、足元から温かいと心地よいです。

④浴室換気乾燥機

共働き保育園児の家庭において、洗濯の問題は深刻です。保育園児が二人いると、これでもかというくらい、毎日の洗濯物が多いです。

本当は第一位にしたいところですが、すばらしいドラム式洗濯乾燥機を買ったため、出番がドラム式乾燥機を回せないおしゃれ着や子供の水着など、少なくなってしまったため、四位になっています。

⑤カメラ付きインターフォン

宅配便・郵便局・ネットスーパーなど、我が家への訪問は限られた人だけなので、新聞の勧誘などはカメラで見ればすぐわかるので、出なくてすみます。

×室内の不要設備ランキング

もともと簡素なマンションだったので、備え付けは最低限のものしかなく、オプションも不要な可能性のものは何もつけなかったので、明らかに不要と感じるような室内設備は思い浮かびませんでした。

皆さんはマンションをご購入の際には、自分のライフスタイル・性格を勘案の上、必要な施設・設備が何かを見極め、自分にあった物件を探されるのがよいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ